銀行カードローン金利ハウツー※損しないカード会社の選び方

キャッシングで延滞するとどうなるの?

手軽なカードローンでのキャッシングですが、もちろん借りたものは返さなければなりません。もし、返済が滞るとどうなるのでしょうか。「この会社で借りられなくなっても他の会社でローンを借りればいい」などと考えている人がいたら、残念ながらそれは甘い考えです。そのように考えてあちこちで借金をして焦げ付かせる人が増えては死活問題ですから、ローンの業者も対策を講じています。業者は共同で「個人信用情報センター」というものを作り、そこで顧客の情報を共有出来るようにしています。もし、返済を滞納したりするとこのセンターに連絡が入り、「事故」として記録されるのです。これがいわゆる「ブラックリスト」に載ったという状態になります。これに載ってしまうと、情報は少なくとも半年は保存されます。その期間内は新たなキャッシングやローンの審査が通らなくなる可能性が高くなります。延滞も1度くらいなら大丈夫なようですが、度重なるとブラックリスト状態になる可能性が高くなります。業者が具体的な基準を公表しているわけではないのであくまで経験則なのですが、短期間に3回、このような金融上の「事故」を起こすとまずいようです。新たなクレジットカードやカードローンを短期間に3件以上申し込んでも記録されてしまうようです。こうなると、アリ地獄でもがく蟻と同じで、何かアクションを起こせば起こすほどブラックリストに載る条件が増えていってしまうことになるのです。

コメントは受け付けていません。